人気ブログランキング |

HAGI CAFE

f0066030_19044828.jpg

今日は谷中散策に。びっくりするほどの晴天でしたね。

ギヨムも仕事が休みだったので、仲良しの日仏カップルを誘って
ずっと気になっていたHAGI CAFEに行ってきました。

以前ここの近くにギヨムと住んでいて
このカフェがオープンして、いつか行きたいねぇといいつつ見送ってたらあっという間に行列のできる店になってしまい行かずじまいでした。

古い民家をリノベーションして作った古民家カフェで
このカフェの他にも色々あるみたいです。

わたしはサバサンド。
これは正直結構普通で、もしかすると期待を膨らませすぎたかもと思いました。
サバはカラッと揚げてあるのですが
ちょっと火入れすぎかな?パサパサで残念。

カフェとしての雰囲気はいいのだと思いますが
私たちはベビーカーがあったのでテラス席に座らせてもらってて
ひっきりなしに来て並ぶお客さんたちの真横だったのでちょっと落ち着かなかったです。

わたしはカフェというのはあまり行きませんし、
カフェめしというのも正直苦手分野です。
レストランは好きなんですけどね。
ご飯を食べるレストランと一息つくカフェとは
やっぱり切り離して考えた方がいいのかな。

f0066030_19191484.jpg

今日は父の日ということで
おチビからパパにギフト。
ギヨム嬉しそう!よかったね!


昨日の夜泣きの件ですが手短に結果を。
泣き叫んで暴れてこれはもう無理だよ!と思った瞬間、また電池が入れたようにパタンと寝ました。
前日30分だったのが15分に。

そしてまた夜中に突然起きてギャン泣き。
今度も同様にモニターで様子を見て、
10分で再度バッテリー切れ。
30→15分→10分
一応だんだん時間は短くなってきている。


私たち明日から香港へ行きます。
また書きますね。

# by sharl69 | 2019-06-16 19:03 | そとごはん

成長あれこれ

全然書いてなかった〜!
こんにちは、今日はあいにくの雨です。


f0066030_11181971.jpg

6月に入ってから、突然おチビはハイハイもつかまり立ちもできるようになりました。
2つともほぼ1日違いくらいで、ハイハイできたなぁと思ったら矢先にすぐつかまり立ちを始めました。

今は自分の意思でいろんなところに行ってしまいます。
上の写真みたいに、椅子につかまったまま進んだりします。

ついでに今朝、つかまり立ちをしててそのまま見てたら
伝い歩きのやり方も分かったみたいで、ちょっと手と足を横にずらして移動していました。
筋肉がついてきたんでしょうね。

ハイハイよりは立つ姿勢が好きみたいだけど、
個人的にはなるべくたくさんハイハイしてほしいのです。
ハイハイ期間がしっかり取れると
上半身を強くしたり脳に良い影響があるそうです。

f0066030_11183813.jpg

家のティッシュを引き出して遊んでるので、代用品を準備しました。

おしりふきの容器にペーパーダスターを折って入れたもの。
一応ティッシュみたいにどんどん引き出せるようになっています。

f0066030_11183938.jpg

口に入れても大丈夫なもので、最初は排水口用のネットを折ってたのだけど
結構作りが弱いことがわかり今はこのふきんです。
悪くないです。

なんでも口に入れること自体は仕方ないと割り切ってますが
喉に詰まらせるのは怖いですね。

f0066030_11340490.jpg

百均や身の回りにあるものを加工して結構おもちゃを作ってます。

ちゃんとしたおもちゃでは遊んでくれないのに
例えば使い捨ての袋入りのおしぼりとか割り箸の袋とかでは遊んでくれるという不思議…

一番興味があるのはわたしのiPhoneやテレビのリモコンです。
たぶん大人が触ってるものを触りたい。

f0066030_12245679.jpg

昨日は葛西臨海公園に行ってきました。

レストランのプレイルームで遊ぶ息子。
なかなか一人で遊べない子なんですが
この木のボールプールは本当に好きだったみたいで
一個一個木を持ち上げては口に入れて出すという行為をずっとしていました。

f0066030_12572320.jpg

そしてはじめての水族館。
目を輝かせて目で魚を追っていました。

f0066030_12402650.jpg

行ってよかった!
また行こう。



話はまた変わるのですが
最近夜泣きが酷いんですけど、どんどん悪化しているので
私たちの対応が悪いのだろうということで見直しました。

ギヨムがフランスのサイトを調べると
泣いても喚いてもひたすら放っておく、そうすることで赤ちゃん自身が一人で寝付くことを覚えることができる
という方法がありました。

わたしは気が進まなかったのですが、昨日はこれを試すことに。

そしたら予想通り気が狂ったようにベビーベッドの中で泣きわめき、
柵を掴んで立ち上がって檻の中の動物のように暴れたり
マットレスの上をボヨンボヨン踏みつけたりして大変でした。

f0066030_13213464.jpg

離れた部屋でモニターでチェックしてるから全部見えてるんです。これはわたしにも辛い時間でした。
今すぐ行って抱っこしてあげたい…という気持ちになりますが、グッと堪えました。


そしたらなんと30分間後、突然電源が落ちたかのように寝ました。
しかもそのあと全然起きない。21時ごろから明け方4時まで寝ました。

ギヨムがいうには、この30分がだんだん15分、5分…と行った感じで短くなっていくのだそうです。
赤ちゃん自身が、眠ってもママやパパは消えてしまうわけではない、怖いことはないという感じで学んでいくのだそうです。

ちょっと辛いけど様子を見ます。

書くことが子育てのことばかりですね。
わたしも仕事復帰が近いです。
今はたくさん保育園見学してますよ。
これもなかなか貴重な体験で楽しいです。

ではでは今日はこれから新宿に行って仕事終わりのギヨムと合流予定です。

またね。

# by sharl69 | 2019-06-15 11:16 | 妊娠・出産・育児

離乳食

f0066030_09380490.jpg

離乳食です。
おチビは7ヶ月になりました。
ずり這いとおすわりをマスターしました。
すぐつかまり立ちとハイハイもできそうです。
すでに目が離せない…

よく考えたら今年もすでに半分が過ぎようとしていますね。早い早い。

f0066030_09401743.jpg

どれも変わり映えしないのですが
今は粗めにすりつぶしたごはん、うどん、そうめんや
野菜、果物を与えています。

上の器は出産祝いでいただいたル・クルーゼのお皿。
かわいいし使いやすい。

f0066030_09401806.jpg

このお皿も出産祝い。
リッチェルというメーカーのセットで
これも素晴らしい。
特にスプーンが最高です。
一つ持っておいて損がない。全部使えます。

f0066030_09402146.jpg

離乳食の本も買ったのだけど最初からかなり自己流になってしまっている(汗)

おかゆからスタートして、人参、小松菜、トマトあたりからだんだん増やしていきました。
途中から豆腐、しらす、鯛、鱈なども入れてます。
あとフルーツはいちご、バナナ、りんごなどです。フルーツに関しては市販のペーストも取り入れてます。

f0066030_09472339.jpg

作り方も結構適当です。
一番重宝してるのは圧力鍋です。

圧力鍋に野菜やフルーツをセット。
これは蒸しチーム。
普段はこれに加えて、マグカップに入れたごはんとお水もあって、おかゆも同時に作ります。

f0066030_09472390.jpg

蒸しカゴを外すと茹でチーム。
この日は人参、かぶ、玉ねぎ、あとかつお粉。
玉ねぎとかつおはだしパックに入れてます。


加熱後
f0066030_09472571.jpg

f0066030_09472559.jpg

こんな感じになる。
あとはすり鉢でどんどんすりつぶして、製氷皿に入れて冷凍。
その際に、固さを調整するのにこの茹でチームのだしスープを使います。
 
あとこれとは別に、鱈などの魚は鍋で普通に茹でてすりつぶします。
その際にもこのだしスープや、だしがらのかつお粉を入れます。
魚は臭みが強い気がして。


いちごあたりのサラサラ系は片栗粉でとろみもつけておきます。

f0066030_09472775.jpg


ブラウンのマルチブレンダーを持っていますが
まだ食べる量が多くないのでブレンダーを使うことはないです。
出番はこの先かな?

f0066030_10065999.jpg


ここ数日、遊び食べが酷くなってきて
食べてる最中に口から勢いよく「ぶッ!」と食事を吹き飛ばすのにハマってるようです。

ちょっと前までは「ぶ〜っ!」レベルだったのに
最近は勢いよくやる方が遠くまで行って面白いことに気づいたっぽい。

わたしの顔にも容赦なくかかるし、周囲も汚れるので
机をバーンと叩いて「ダメっ!!」と叱ったりするのですが
机を叩く遊びだと勘違いしてるのか
おチビもバンバン!と机を叩いて大笑いしてます。
ダメだこりゃ。

f0066030_10151958.jpg
(旅館です)

対策として、
今までは9時ごろ離乳食(多め)→15時ごろ2回目の離乳食(少なめ)
だったのを
小さめの離乳食×3回に変更しようと思う。

遊び食べが始まるのが大体いつも食事を始めてから5〜10分後で
食べ始めは意外に真面目に食べてるので
食事自体を長引かせないようにしようと思います。

ちょっと試してみます。



# by sharl69 | 2019-05-26 09:37 | 妊娠・出産・育児

映画を観る

週末の夜はたまにギヨムと映画を観ます。

今晩は夕食の後、Nothing to hide という映画を観ました。
日本語では「ザ・ゲーム」という題名みたいです。
なかなか面白かった!


ここ数年観た映画のタイトルを一応控えています。
なぜかというと、なにを観たか忘れてしまって同じのを観てしまうから!


------

ボーイソプラノ

ヘイル、シーザー!

スポットライト

スティーブ・ジョブズ

ダーティグランパ

パディントン

アノマリサ

Queen of desert

99分、世界美味めぐり

Two weeks notice 

パパが遺した物語

ナイトミュージアム

Life 

君だけがいない街

スーパーマンvs バットマン

のようなもの、のようなもの

Goonies

Alice in wonderland 

Money monster 

My bakery in Brooklyn

Tarzan:reborn

君の名は

The family Fang. 

Flower show

ココ・アヴァン・シャネル

Mike and Dave need wedding dates

Prince of Persia 

BFG Big friendly giant 

The light between oceans 

Suicide squad 

マダム・フローレンス

ミケランジェロプロジェクト

LA LA LAND

キングスマン

マリアンヌ

ライオン 25年目のただいま

素晴らしきかな、人生

Sing

グランドブダペストホテル

Hidden figures

Moonlight 

美女と野獣

美女と野獣、アニメ

インフェルノ

英国王のスピーチ

Fantastic beasts and Where to find them

Pete's dragon. 

Miss peregrine's home for peculiar children ミスペレグリンと奇妙な子供たち

Hitchcook ヒッチコック

ファウンダー

博士の愛した数式

ゴーストインザシェル

帝一の國

The circle 

パイレーツオブカリビアン 最後の海賊

ワンダーウーマン

カンフーヨガ

テッド

教授のおかしな妄想殺人

Dog's purpose 

À fond

関ヶ原

セブンシスターズ

スターウォーズ 最後のジェダイ

ブレードランナー

シェイプオブウォーター

ブレードランナー2049

バツイチは恋のはじまり

アフリカン・ドクター

ブラインドデート

ザ・ゲーム

-----


すみません、メモをただ貼り付けただけです。

気まぐれに書いているので、かなり漏れてると思う。あと題名間違ってたらごめんなさい。


こうやって見直してみると

記憶に残ってる映画ってそんなにないかも。


The light between oceansは「光をくれた人」という邦題が付いていますが

これは心に染み入るいい映画だったような。


セブンシスターズも結構好きだった。


あとラ・ラ・ランドは大好きでしたね。

7回くらいは観てるかな。セリフとか歌は覚えちゃってるくらい。

おチビを産む時も、陣痛が軽めの間はiPadで観てましたね。途中から集中できなくてやめたけど…。


やっぱり映画は好きです。

映画館にはなかなか行けなくなってしまったけど

これからも週末とかに家族で観るのを習慣にしたいな。

ギヨムのフランスの家族は週に何度か、みんなが集まって夕食後にリビングで映画を観てます。


リビングのライトを真っ暗にしてソファに腰掛け、家族みんなで映画に集中するこの時間、

ギヨムはこれが恋しいみたいです。

小さい頃からの習慣みたいで、これぞ家族という感じがするのだそうです。


f0066030_23245942.jpg



おチビともこういう感覚を一緒に作り上げていきたいですね。


f0066030_23243831.jpg

今日はいい天気でした!
またね。

# by sharl69 | 2019-05-04 22:21 | 映画

最近のごはん

f0066030_22565579.jpg

今日のディナー。
うちはサラダとサラダじゃない日が半分ずつくらい。
これはサラダじゃない日。

f0066030_22583568.jpg

サラダはこんな感じで結構ボリュームのあるサラダです。
これに野菜スープを作る日もある。

f0066030_23004145.jpg

メキシコっぽいサラダ。

f0066030_23004496.jpg

サラダと味噌汁。

f0066030_23015636.jpg

f0066030_23042265.jpg

タブレ。
クスクスと言う粒状パスタを使ったサラダで、フランスでもかなり一般的に食べられますが
元はヨルダンとか中東の料理だったと思います。
わたしが好きなので、うちもよく作ります。
上の写真はギヨムがお椀でこんもり盛り付けたのでチャーハンみたいですね。
ギヨムはこの富士山的な盛り付けが気に入ってるみたいです。

パセリを刻んでたっぷりと混ぜます。
きゅうりやアーリーレッド、トマトから水分が出て、翌日の方が美味しくなる気がする。

f0066030_23004728.jpg

鴨サラダ。

f0066030_23075580.jpg

鴨です。
これは実はフランスの義母の手作りの塩漬け。というか黒胡椒漬けです。

f0066030_23075579.jpg

フランスで漬けて持たせてくれて
日本で3週間冷蔵庫の中で寝かせてたのだけど
開けたらカビだらけになってました。
しかし、カビを除いて普通に食べました。
なんともないです。

強い胃腸に乾杯!
わたしもこの頃は
なるべくばい菌を気にしすぎないで強い身体を作ろうという考え方になってきました。

子どもにも同じです。
あまり除菌除菌と気にしすぎないようにしようと逆に気をつけてます。

f0066030_23075858.jpg

メガ盛りサラダ。
すごい量だけど、これで野菜が足りてるのかなと疑問。
やっぱり加熱した方がたくさん食べられるよね。

f0066030_23004942.jpg

f0066030_23005134.jpg

ガーリッククルトンは近くのベーカリーで買っていましたが
最近節約のために手作りしています。安上がり〜

ちなみにうちの食費は2人で1ヶ月1万円以下です。
ポイントはスーパーに極力行かない。
冷蔵庫の中が本当の本当に空っぽになって、ようやく行きます。
だんだん冷蔵庫の中身が減っていきますが
あるもので何が出来るか頭をひねって考えます。

まぁ品数を作れとか言わない夫だからできることなんでしょうけどね。



f0066030_23182920.jpg

サラダじゃない日のごはん。
これはタルチフレットです。

平成最後の日に、さよなら平成パーティで食べました。
本当は上のチーズはロブローションチーズというのを使うのですが
日本だと手に入りにくいのでカマンベールで。

f0066030_23242870.jpg

これがギヨムのお母さんが作った本当のタルチフレットです。


f0066030_23183118.jpg

友達が買ってきてくれた近江屋洋菓子店のケーキ。
プレートはわたしがチョコペンで書きました。

f0066030_23183217.jpg

ポトフ的な煮込み。

f0066030_23183435.jpg

唐揚げ甘酢ねぎだれ漬け。

f0066030_23183610.jpg

ピクニックでタブレ、卵サンド、バゲットサンド。

f0066030_23223634.jpg

f0066030_23223819.jpg

スフレチーズケーキ。ふわっと焼けてうまし。

f0066030_23224036.jpg

いちごサンド。
今年はいちごサンドにハマってしまい、いろいろと食べましたが
自分の理想とするいちごサンドはこれじゃない!と思い続けるうちに
そうだ、自分で作ろう!と思い実行。

パンは口どけよく柔らかな、風味の強すぎない食パン、
クリームは乳脂肪低めのホイップとマスカルポーネを混合
いちごは贅沢にもみずみずしいスカイベリーを準備。

ぜんぶ理想通りなのに、
なぜか食べるとしっくりこない…どして?
これを作った後、いちごサンド熱はさ〜っと冷めました。

f0066030_23224470.jpg

息子の半年の誕生日の日にはラザニア。
べつに息子が食べるわけじゃないのだけど
まぁ親になって半年経ったねということで。

f0066030_23224776.jpg

麻婆豆腐。
ギヨムは大好きです。
わたしはいつも具を入れすぎで、なにか別の料理みたい。

f0066030_23320993.jpg

担々麺的な。

f0066030_23321140.jpg

おからハンバーグと炊き込みごはん。
痩せようと思っておからを大量に買ったのですが
わたしいつのまにかおからアレルギーになってしまったみたいです。


f0066030_23321229.jpg

たらマヨ焼き、切り昆布。

f0066030_23321737.jpg

唐揚げ。

f0066030_23321929.jpg

花見弁当も唐揚げ。
おにぎりは悪魔のおにぎりというやつです。
ごはんに天かす、天つゆ、青のり。
美味しいけど残念ながらローソンのやつの方が美味しかったような。

だし巻き卵はクリームチーズを巻いてます。

f0066030_23364309.jpg

ギヨムが作ったキッシュ。

f0066030_23364680.jpg

オムハヤシ。

f0066030_23364865.jpg

そうめん!

f0066030_23365284.jpg

ボンゴレ的な。


f0066030_23365542.jpg

ホイコーロー。

こんなくらいにしておきます。

本当は離乳食のことを書こうと思ったけど全然違うのになってしまった。

またね。

# by sharl69 | 2019-05-02 22:56 | おうちごはん

平成から令和へ

平成が終わる。
今日は2019年4月30日、平成の最後の1日です。

f0066030_19032158.jpg

今年は年越しが2回あるみたいな、そんな感じ。
でも年越しよりも感慨深いですね、なんせ30年以上ですもんね。

わたしは平成の幕開けは4歳でした。
ぼんやりとですが覚えているのは
昭和天皇の崩御があっての改元でしたから
もっと暗いというか、自粛ムードみたいな雰囲気があったように思います。

6月に地元のお祭りがあるのですが
これも中止になり、とても悲しかったことを覚えています。
全体的に国民が喪に服すような感じで
平成元年のイメージとともに黒いリボンが結びついて出てきます。

今回の令和への改元はなんとなくお祭りムードがありますね。
何をして過ごそうとか、何食べようとか
平成最後の、とか。

私たちは今日はフランスの家庭料理タルチフレットを作ることにしました。
せっかく大きなお皿で焼くので
近所に住むともだちにも声をかけて、一緒に食べることにしました。
このあとうちに来てくれます。

ゆるゆるといつも通り過ごせることに感謝して
令和がいい時代になることを祈りつつ、新しい時代を迎えられたらと思います。


f0066030_19060057.jpg

令和のカップヌードルとおチビを記念撮影しようと思ったら
異様に関心を示してはむはむ。

ではまたね!令和もよろしく。

# by sharl69 | 2019-04-30 18:54

日曜の夜の習慣

こんばんは、日曜の夜です。
しかし10連休ゴールデンウィーク中の日曜ですからね。まだまだ2日目。

日曜の夜は夕飯を食べながらフランスの家族とTV電話。
いつからか始まった習慣です。
フランスはランチタイムです。サマータイムで7時間の時差。
日本の19時にフランスが12時です。

このTV電話、トゥールーズの家族と北フランスに住むギヨムのお姉さん家族と日本の3箇所をつないでいます。
なんと毎回3〜4時間近く続くので
 3拠点でランチとかディナーを食べながらなんとなく無言になったり誰かがシャワー浴びに抜けたりと
結構自由な感じです。

フランス人は家族の絆を大事にするとは思うけど
その中でもギヨムの家族、親戚はかなり仲が良い方だと思う。

おチビがこの家族の形を見て育ち
将来この子もギヨムと同じように家族を大事にして欲しいなと思っている。
子どもの頃に見る家庭の姿って大事だと思う。

f0066030_22034101.jpg
今日のうちのご飯はポトフでした。
じゃがいもの隣は大きなカブです。
やわやわで美味しかったな。


f0066030_22034887.jpg

豚も焼いて入れたので
かなりがっつり食べ応えのあるポトフだった。
というかこれってポトフじゃないかもね。

f0066030_22061705.jpg

おチビ、元気です。
うつ伏せが好きですぐうつ伏せになる。
今まではずっと
顔を持ち上げて→疲れて→仰向けに戻れなくて→泣く
という感じだったけど
最近首を持ち上げなくてもいいのだということに気づいたみたい。
だらんと脱力してます。

困ってるのは夜、寝てる時もすぐにうつぶせ寝になっちゃうことです。
とても心配になります。できれば仰向けで寝てほしい。
夜中も常に呼吸確認してしまいます。
両脇に2リットルのペットボトル置いて寝返り防止対策してみたけど、ボトルに当たるたびに泣いちゃってしっぱい。

ではまたね。

# by sharl69 | 2019-04-28 21:52 | おうちごはん

日仏子離れ論

あっという間に4月も後半に差し掛かってますね。
なんとも早いこと。

f0066030_20325707.jpg

おチビは16日に生後半年になりましたよ。

産まれた時は小さすぎて、目を離した隙に消えてしまうのではないかという感じでしたが
今は体重も8キロ近くになり、首もすわり
ちゃんと感情が伝わってくる感じもあって成長を感じます。

わたしは育休中で毎日が日曜日のようですが
相変わらずパンパンに予定を詰め込んでいて
なんかそれなりに忙しいような錯覚をしてしまいます。

f0066030_23291521.jpg

だいたい昔の知り合いに連絡を取って会っています。
今日は世田谷の方にある知り合いのベーカリーへ行ってきました。
この店はわたしの前職のOBが集まって出したお店だそうで
今日は本当に懐かしい人たちに再会できました。

ただ、さすがにそろそろ保育園の準備をせねばというところで
今はふんわりと準備を始めました。
うちの子は秋生まれですが、できればわたしは夏までには復職したい。

f0066030_23500141.jpg


秋に預けるのは
認可はもちろん、認可外でも厳しそうで
秋を逃すと2020年の4月まで育休延長になります。
これは会社の制度としては問題なく使えるし
だいたいうちの会社の秋生まれママは1年半休んで復帰するパターンがほとんどです。

もちろん個人的にはなるべく長く息子と一緒にいたい気持ちがありますが
息子にとっては
そろそろもっと広い世界を知ってもいいのかな。

f0066030_23501785.jpg


うまく説明できないけど
わたしだけではさせてあげられない経験や
ほかの子たちとの交流や、保育のプロである先生たちに磨かれてもいい時期に入ったんじゃないかと思っています。

2月にフランスに行ったのですが
そこで少し意識が変わったというのもあります。
それまではわたしも
なるべく長く母親と一緒にいる方が子にとっていいだろうと思っていて
育休も延長して4月復帰しようかと思っていました。
しかしフランスに行った時の出来事がきっかけで
少し考えを改めました。

f0066030_23525140.jpg


フランスでは週末に何度かパーティを開いてもらったのですが
おチビはこの時生後3ヶ月〜4ヶ月。

わたしはまだまだずっと見ていないと不安で
パーティの際も隣に座りたかったけど
周囲から
「あなたは母親なんだから赤ちゃんから離れて座りなさい」
(いや、むしろ母親だからこそ近くに座りたいんだけどな…)


f0066030_23533094.jpg

その後も様子を見に行こうと近づくたびに
おばあちゃんたちがみんな見ててくれるから大丈夫よ、ほら向こうに戻って」
と、なんだか無理やりにも離される感じで。

個人的にはどうしてそんなに引き離そうとするの?
という違和感だけが残っていたのですが
最近『フランス人ママ記者、東京で子育てする』という本を読んでいて
その理由がわかりました。

この本から一部抜粋しますね。

「フランスでは子どもは早い時期に親から離すべきという考え方が主流なの。『生まれてから最初の数年間を一緒に過ごしたいので、保育園には預けません』なんて母親がいたら、子離れができていない、その子の自立心が育つのを邪魔している、ときっと非難されてしまうわね。」
『フランス人ママ記者、東京で子育てする』著者 西村・プペ・カリン

つまり、赤ちゃんのうちから色々な人と交流したり育てられたりした方が
その子の社会性や自立心を育むいい刺激になるという考え方です。

この本、フランスの育児と日本の育児との違いがわかるやすく書いてあり、おススメです。
仏語版があったらギヨムとギヨムと両親にも読ませたい。
〜だからフランスがいい、日本がいい、
と安易に結論づけていないのもいい。
とても論理的な書き方の内容で、納得できることが多いです。

f0066030_23550754.jpg



さて、それで
日本式(母親と過ごす時間が長い)がいいとかフランス式がいいかなんて分からないし
それぞれの国の大人を見ても結論って出ないとおもうのですけど
ただ言えることは、このパーティの最中
おチビはわたしが近くに見えなくても全然泣かなくて、周りの大人にたくさん可愛がってもらい、たくさん笑っていたということ。
渡仏後、明らかに表情の豊かさや情緒の安定、手先の器用さなどの成長が見られたこと。

たしかに中途半端にママがいたらそちらが気になるだろうし泣くかもしれないけど
そもそも月齢もまだ低すぎたし
ママがいなくてもほかの大人が見てくれていたら安心したのでしょう。

赤ちゃんのうちに、その子の可能性を最も伸ばしてあげられるのは親だと思うけど
その芽を摘んでしまう可能性が高いのもまた親だと思う。

「この子はこうだから」と決めつけずにいろいろな経験を偏りなくさせてあげるには
わたしはやはり親以外の沢山の人の手で育ててもらうのがいい気がする。

f0066030_23573258.jpg


ママにべったりの赤ちゃんでいてほしいというのは実は母の密かな願望ですけど
子のためには、ちゃんと自立心を育む環境を整えて
これから先、強い子になってほしいと思います。

おチビは街や電車で
よくほかの見知らぬ人たちと目を合わせてニッコリと笑いかけていて
その度にびっくりされます。
あまりにもその微笑み方が自然で上手だと、わたしですらも思う。

「こんなに笑ってくれるなんて、ママの愛情たっぷりね〜」
なんて言われたこともあるけど
これは多分わたしの功績ではないと思う。

石垣島行ったりフランス行ったりして
本当にたくさんの人たちに笑いかけられ、表情豊かにあやしてもらい
また強すぎるくらいの刺激を受け続けた結果
ものすごくよく笑う、情緒の落ち着いた子になってくれたのだと思ってます。

ちょっと長々と回りくどくなってしまいました。
また書きますね。

f0066030_00001949.jpg


# by sharl69 | 2019-04-19 20:28 | 妊娠・出産・育児

さくら2019

帰国した途端に更新が止まりましたね!
すみません、1ヶ月以上サボってしまった!
元気です。すっかり暖かくなってきました。

f0066030_22301759.jpg

ソメイヨシノが見頃ですね!
本当にこの時期はどこもかしこもきれいで。
この時期に日本に居られる幸せがありますね。

普段は真面目でお堅い日本人が
この時期ばかりはみんないつのまにか満開の桜の木の下に引き寄せられ
お酒を飲んだりうたた寝したり、羽目を外したり
頭に桜の花びらをつけて歩いたりしてるのが本当に可愛らしい。
って自分もそのうちの一人なんだけどね!


おチビはタケノコのように大きくなっていきます。
今の体重は7.5キロに届きそうなくらい。
2.7キロで生まれた子が、たったの半年でどんどん大きくなりますね。
身体だけでなくもちろん中身も。

今は物を上手に掴んだり、人の顔を認識したり
喃語をおしゃべりしたり
寝返りしたり
音楽が流れると歌おうとしたり?
ともかくかわいいです。

f0066030_22425348.jpg


電車やエレベーターに乗ると近くの乗客や
道行く人の顔をじっと見ています。

赤ちゃん好きの人はどの街にも居て
特におばちゃんたちにたくさん話しかけてもらったり笑いかけてもらったりしてますが
そのときにおチビは必ずニコッと笑うので、余計に可愛いがられています。

笑わない人には笑い返していないので
個人的には、笑いかけてくれる人の顔の真似をしているんだと思います。
でもほんとによく笑うので
近所の人たちには、いつもご機嫌だねとびっくりされます。

フランスから帰国した後、夜もすんなりと寝付くようになりました。
生後1ヶ月から渡仏する4ヶ月までのあの寝ぐずりは一体何だったんだろう…
子育てって、こうやって理由や原因が分からないままに、どんどん時が問題を解決していくのでしょうね。

また時間を見つけて書きますね。

# by sharl69 | 2019-04-06 23:19 | その他

フランスの子ども服


木曜に日本に帰国しています。
日本もすっかり暖かくなりましたね。
コートがいらないくらいです。

f0066030_05260908.jpg


f0066030_06024220.jpg


家族3人とも、数時間の時差ぼけがなかなか治りません。
わたしとギヨムは4時に、おチビは5時に目が覚めてしまい
再度眠れないので起きてしまいました。

f0066030_06094766.jpg

帰国してからの週末は人をうちに呼んでます。
今日もこれから同僚が来る予定です。

f0066030_06582102.jpg

フランスでもらった服たちです。
本当はさらにたくさんあります。

フランスの子ども服はとても良いんですよね。
デザインも大人の服と同じようにシックだったり
つくりもしっかりしてて。

f0066030_07383227.jpg


今回も渡仏に合わせて一年分の服を買い溜めようと話してて
2万円くらいを上限に準備してたのだけど
着いてすぐに義両親やお姉さん夫婦からたくさん受け取り
また他の親戚や友人たちからもパーティでたくさん出産祝いの服をいただき
滞在中にも義両親がまた買い足してくれたので
自分たちで購入したのはプティバトーのニットのベスト1枚だけ。
手作り服もいくつかもらいました。

上の写真のスニーカーももちろん飾り物のようなものですが、ちゃんとしてます。
お義母さんが、あまりにかわいいので買ってしまったものです。
本当にありがたいです。

f0066030_07054150.jpg

このコーデュロイのコートもズボンも手作り服です。
めちゃかわいい。

f0066030_07370747.jpg

わたしがお気に入りのプティバトーのニット。
シンプルで品がいいです。
偉そうな格好だったので、つい落書きしてしまいました。

f0066030_07411419.jpg

プティバトーのパジャマ。
厚手の素材なので時期的にはあとちょっとかな。

フランスのパジャマは足つきたくさんありますが日本はあまりないですね。
真冬以外は必要ないし、赤ちゃんは暖めすぎは良くないので必要ないからだと思いますが
なぜかフランスは赤ちゃんの足の冷えをすごい気にしてる気がする。

f0066030_07503791.jpg

上の写真と同じですが
例えば靴下を履かせていても
この靴下とズボンの間に出た足の冷えをすごい気にする人が多い。
たくさんの人が触って冷えていないかチェックします。
これ、なんなんだろう?

足つきロンパースが多いのもこの理由でしょうね。
部屋の中でも靴を脱がない文化だから?
興味深いです。

f0066030_08013341.jpg

ちなみに日本でもプティバトーは本当に人気ですが
フランスでの価格は日本の半値以下のイメージです。
プティバトーの店員さんと話してたのですが
日本での市場規模はフランスと同じかそれよりも大きいとのことでした…本当か?

まぁ話半分に聞いてましたが
フランスでの販売価格と日本での販売価格が全然違うので
トータルの売り上げ規模がフランスと同じくらいというのもありえなくはない。

フランスのプティバトーで服を買っても
タグは日本語ですから
あながち間違ってないのかなとは思いますが…そうすると日本のプティバトーでは買う気なくなりますね。

またぼちぼちフランスでのことを書いていきますね。

# by sharl69 | 2019-03-03 05:25 | 出張・旅行・帰省