ごはんとお菓子

f0066030_21225351.jpg
今日のごはん。
さばの照り煮、ガーリックシュリンプ、ハマグリの酒蒸し
f0066030_21335645.jpg

シーフード祭りです。

f0066030_21240246.jpg
昨日のごはん。どて煮丼。
柔らかいモツが最高です。
臭みが苦手なのでいつも3回ほど茹でこぼすのですが
これの下処理をしてる時にふと
「茹でこぼすって、お湯を鍋にグラグラ沸かして沸騰してこぼすまで茹でることではないのではないか」と思ったら、本当にその通りだった。
10年以上、本当にこぼすものだと思ってました。

本当に昔は、レシピで「茹でこぼす」と見るたびに
なみなみと沸かして本当に湯が溢れるまで茹でてました。
でもそうするとこぼれた水で火が消えちゃうので
ここ何年かはこぼすまで茹でずに沸騰したらザルにあけてました。
結果的にそれで合ってたわけだけど
心のどこかでは、「本当のやり方とは違うんだよね」
なんて罪悪感を抱きながら続けてました。

なので今回は初めて正しく「茹でこぼす」の意味を理解して、目から鱗!
よく考えたら真剣に考えたことなかった。

f0066030_21322895.jpg
カキフライ。自分で揚げるとおいしいね!

f0066030_21352719.jpg
ピザ。

f0066030_21355019.jpg
大根のステーキ。

f0066030_21355274.jpg
一本買ったら一気に下ごしらえ。

f0066030_21363443.jpg
ギヨムご飯の日。
刺身がぎゅうぎゅう乗せですが…。

f0066030_21372213.jpg
グラタン。

f0066030_21375216.jpg
シチュー。

f0066030_21382705.jpg
りんごのクランブル。ギヨムの大好物です。
f0066030_21382870.jpg

とっても簡単。
たまにはレシピ紹介しましょう。

f0066030_21382923.jpg
〈りんごのクランブル〉
23×23cm耐熱ガラス容器1個分

◆りんご部分
りんご(紅玉、ジョナゴールドなど)1個
バター30g
上白糖30g
塩少々

◆クランブル
無塩バター40g→小さなサイコロ状に切ってよく冷やしておく。
薄力粉60g 
アーモンドプードル20g
グラニュー糖30g
塩少々

オーブンを180℃に余熱。

⑴りんごは食べやすいサイズにスライス。
フライパンにバターと塩、砂糖を入れて火にかけてスライスしたりんごを炒める。
しんなりと水分が抜けるまで炒める。
終わったら耐熱容器に水平に満遍なく敷き詰めて冷ます。

⑵クランブルを作る。
薄力粉とアーモンドプードルは合わせてふるってボウルにいれる。
塩と砂糖も一緒に合わせ、最後に冷やしておいた角切りバターも合わせて
指でバターを細かくつぶしながら手早く混ぜる。
大豆くらいのサイズになったら終わり。

⑶1のりんごの上にクランブルを乗せて
180℃で30分程度焼成。

眠い。
昨日ようやく技能検定の試験が終わりまして
今日は解放感いっぱいです。
試験についてはまた別の機会に書きますね。

[PR]
# by sharl69 | 2018-01-29 21:22 | おうちごはん

近況ごはん

f0066030_13330911.jpg
なんとも遊び心のあるアパート。
冬になると確かにライトが綺麗に見えるね。

f0066030_13331678.jpg
最近は出張がないので、なるべく早めに家に帰って夕飯を作るようにしてます。と言っても21時くらいにはなっちゃうんだけど。

前はほぼ毎食ギヨムが作ってた。
ブリ照り。和食はさすがに負けない。

f0066030_13332037.jpg
ミートソースのグラタン。

f0066030_13384310.jpg
わたしの大好きな大根のステーキ、圧力鍋が来てからびっくりするほど簡単になった。
買って来たら切って下ゆでしておいて
食べるときに焼いて出すだけ。
これだけ厚切りの大根が5分そこらで火が通っちゃうなんて、まさに料理革命。
しかし時間が作るおいしさもあるからね、万能ではない。

最近の外食もご紹介。
f0066030_13414479.jpg
会社の近くの、座ったら出てくるランチ。
つまり一種類のメニューしか選択肢がない。
よくいきます。
魚系より肉系の方が得意な店だと思う。

f0066030_13414904.jpg


刀削麺。大好きなんです。
前は会社の近くにあったのですが、この中華料理店がシェフが変わって刀削麺がなくなっちゃったので
歩いて15分くらいのとこに行きました。
移動だけで30分か、なかなかの執念ですよね。

刀削麺のなにが好きって、厚めの歯ごたえの麺と細めのふやふや麺が両方食べられること。
このイレギュラーさが魅力です。

f0066030_23320335.jpg

今日はほんとに美味しいスイーツ見つけた。
蔵前にあるダンデライオン・チョコレート・ファクトリー

前にギヨムが散歩中に見つけてブラウニー買って来てくれたらとても美味しくて
今日合羽橋の帰りに寄ってみました。
ホットチョコレートとスモアをオーダー。
スモアはサブレを敷いた上にふわふわのマシュマロ、上にカカオの風味が濃厚なチョコレートが流してあって
軽く塩で仕上げられている。

大部分を占めるマシュマロが、なんというか初めて出会う食感!
周囲は炙ってあって、でも焦げ臭さはなくて
中はちょっとトロッ、ふわっとしてて
いわゆる今までのわたしの中のマシュマロイメージは弾力がある感じだったのだけど
弾力はまるでなく、歯切れがいいマシュマロ。

これは本当におすすめです!
ホットチョコレートもおいしい。
ちょっと並びましたけど、ぜひ近くに行くことがあれば寄ってみる価値あり。

ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前
03-5833-7270
東京都台東区蔵前4-14-6 
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13191976/

今日は天気がいいので外出したいのですが
来週試験があるので、資格の勉強に明け暮れます…

[PR]
# by sharl69 | 2018-01-21 08:26 | おうちごはん

近況

f0066030_13123018.jpg
こんにちは。
2018年も相変わらず出だしから更新が滞っています。
年明けから出張を意識的に減らしてまして、なんと1月はノー出張月。

出張がなく普通に土日が日本で過ごせるのって久しぶりです。
時間があるので資格の勉強をしたり、写真みたいなタイルアートしてみたりしてます。

タイルは帰省した時に常滑のINAXライブミュージアムで買ってきたもの。
ギヨムの綴りは本当はGuillaumeですが、文字数の関係でカット。
タイルは本当にすきです。

f0066030_13174178.jpg

週末は人を呼んでピザ。
と言っても生地は仕込んでないです。
業務スーパーで生地だけ買ってきて、みんなで具を乗せて焼いただけ。
準備ゼロで楽なのにみんなでワイワイできてパーティにおすすめです。

ソースはうちはトマトソースとかハニーマスタード、バジルソースとかを使います。

f0066030_13191490.jpg

たくさん食べた!

f0066030_13200396.jpg

ピザが手抜きなのでガレット・デ・ロワは作りました。
しかし壮大に焦げた。丸焦げで残念。
味は良かったです。

f0066030_13200691.jpg

パンのタイプも作りました。
ブリオッシュ仕込んで中にカスタードクリーム入れて輪っかにしました。
オーブンが家庭用なので不満があるけど、まぁ美味しかった。

f0066030_13224025.jpg

ギヨムが年明けに名古屋で福袋のNintendo switchを買ったので、それでみんなで遊びました。

f0066030_13281277.jpg

わたしは子供時代も含めて、ほとんどゲームはやったことがなくて 
マリオカートも初めてやってみたのだけど、
右と左の壁に交互にぶつかったり落っこちたりしてなんとかゴールする感じでした。
全然面白くなかった。

f0066030_13271546.jpg

でもみんなが帰ってからこっそり練習しました。悔しいからね。
しかし今のゲームって本当にハイテク。


最近のごはんはこんな感じ。
圧力鍋をクリスマスにもらったので、ほとんど毎日使ってます。
f0066030_13311446.jpg

f0066030_13311867.jpg

f0066030_13352939.gif

めかぶちゃん。湯に入れると鮮やかな緑色に変わります。
めかぶとワカメが同じ植物だって知らなかったな。

さぁ今週も頑張ろう。


[PR]
# by sharl69 | 2018-01-15 13:11 | おうちごはん

2018 謹賀新年

あけましておめでとうございます。
2018年も引き続きよろしくお願いします。

f0066030_08525553.jpg

年末年始は名古屋に帰省していましたが
昨日1月2日に東京に戻って来ました。

f0066030_08535968.jpg

うちのネコたちは相変わらずかわいかった。
元気だったと言いたいところだけど、残念ながら昔と比べると元気ではなかった。
ルイにゃんは17歳、ハナコは16歳だから
かなりの高齢ネコですね。

f0066030_08540193.jpg

ハナコ。昔はピータンとも呼んでたこともあったかな。メス16歳。
元気は元気なんだけどびっくりするくらい痩せちゃっていて身体がホネホネしてました。

下はおチビちゃんの頃の写真。
うちに来たときは手のひらに乗るくらいの赤ちゃんだったな。

f0066030_09061832.jpg

この世のものとは思えないくらいかわいかった!

f0066030_09061765.jpg

2匹とも捨て猫だった。
特にハナコはガツガツしてた。
なんか病気や寄生虫も持っていたっけな…。
ハナは身体が弱くて、食べてもすぐ吐いちゃって、3年経っても身体が子どもみたいなサイズのまま小さくて
みんなが早死にすると思ってたけど16年も生きてる。人間の年齢だと80歳とか。

見た目は変わらないので今でも自分の中では子猫みたいな感じがする。
でも良くみると、背中の毛は白髪になって来ていた。


ルイちゃん。
f0066030_08540371.jpg

ルイにゃん。オス17歳。
何年か前に脳梗塞になってしまって
目は見えなくなってしまった。
写真では普通に見えるけど、基本的には瞳孔が開ききっていることが多いです。

一時期は本当に骨と皮だけみたいに痩せちゃっていてもうダメかと思ったけど
今は少し肉が増えてました。
ご飯も食べてた。

ルイも生後3ヶ月くらいでうちに来たのだけど
遊びたい盛りでやんちゃだったな。
冷蔵庫の上に登ったり壁を伝って爪を掛けて遊んだりして、天井の近いところから私たちを見てることがよくあった。
今の大人しさからは想像できないくらいやんちゃだった。


f0066030_08540578.jpg

シンクロニャイズド・スリーピング
ボールがふたつ同じ格好。
イメージ的には飛び込みの選手がくるくる回りながら飛んでる時の感じ。

f0066030_08540873.jpg

またまたボールがふたつ。
歳をとったら仲良く同じところで眠るようになった。
昔はあまり仲が良くなかったのだけど。


f0066030_09141128.jpg

オスとメスですが、別に夫婦ではないし夫婦だと思ったこともないな。

f0066030_09141374.jpg
こうしてみると仲良しみたいだけど。



f0066030_09141912.jpg

f0066030_09142864.jpg

こんなに仲よかったかな?
あったかいからだろうね。

f0066030_09142303.jpg

以前はこのネコ用ベッドに一緒に入ることもなかったのに。身体が大きくて入らなかっただけかな。
 
ちなみにギヨムのフランスの実家にも猫が2匹いる。

f0066030_09234403.jpg

Grizouille. グリズイユ
ルイちゃんに模様が似ている女の子。

f0066030_09420453.jpg
Lilabelle リラベル。女の子。
本当の毛玉ちゃんですね。毛の長いタイプのネコです。
ギヨムの家のネコたちは基本的に外飼いしていて
餌だけを食べに家に戻って来ます。

この写真みたいにソファで座ってるのも珍しいです。
この2匹は本当に仲が悪いです。

***

こんな感じで、実家ではネコを堪能しました。
ネコたちはほとんど眠ってばかりで、一緒に遊べないのは残念だけど。

今日1月3日は正月休みの最終日です。
東京で掃除と洗濯に明け暮れます。
あと昨夜にドーンと地震があってビックリしたので
防災バックの中身を再度チェックして
おそらく賞味期限が切れているであろう食料品を買い足しに行きます。


[PR]
# by sharl69 | 2018-01-03 08:51 | 出張・旅行・帰省

福建省グルメ

f0066030_11411864.jpg

この年末年始は名古屋に帰省しています。
仕事納めは昨日でした。
つくづく名古屋は東京から近くて帰りやすいと思う。恵まれてます。
f0066030_11395481.jpg

12月の後半は出張続きでした。
身体はとても疲れているんじゃないかと思います。

先週は福建省に行ったので、その話を書こうと思います。
福建省グルメ。

f0066030_11450609.jpg

わたしが行ったのは福建省の泉州というところです。
福建省の料理はあまり辛くなくてとても日本人の舌に合う。
シーフードを多用して優しい味付けです。
台湾の料理に似ている。

f0066030_11451215.jpg
ピリ辛切り昆布?突き出しです。
f0066030_11452323.jpg

最後まで名前がわからなかったけど
薄桃色の色も模様もきれいな貝。

f0066030_11454100.jpg

これは身が黒い鶏肉です。これが烏骨鶏というのでしょうか。
本当に身の中まで真っ黒で、不思議な感覚でした。
この写真には映ってないけど、頭も足もコロンと入ってて、顔も真っ暗だった。

f0066030_11515300.jpg

大根の煮物。
見た目通りに本当に優しい味付けです。
ほっくりと煮てあって落ち着く味。

f0066030_11515961.jpg

ラーメン?ちゃんぽん?
ちゃんぽんのスープのような複雑な味のスープにとろみがついていて
その中にのびのびの中華麺が入ってます。
出汁が海鮮の出汁で、特に牡蠣の旨みを感じます。素朴なんだけどとても美味しい料理。

f0066030_11521144.jpg



f0066030_11521475.jpg

わたしの大好きな大根もち。
ほっくりとしてポテトのようです。

f0066030_11521987.jpg

白身魚。仕上げに熱した油をジュッとかける感じの料理だと思う。
これも味がふっくらとしていて、匂いもなく味付けも美味しい。

f0066030_12321054.jpg

こんな店でした。
前にも書いたのですが
一階には水槽があって、自分で魚を選んで調理してもらう店です。

f0066030_12384216.jpg

これは昔別のレストランに行った時のですが、
これと同じ感じ。
先にシーフードを選んで、調理法を選んで
さばきたての料理仕立てがテーブルに運ばれてきます。

*****

f0066030_07523406.jpg

これは別の日です。
鶏の鍋です。下にコンロがある。

f0066030_07524387.jpg

かき混ぜて食べます。
甘辛くて少し唐辛子のピリ辛が美味しい。

f0066030_07533274.jpg

キャベツの蒸し煮。

f0066030_07533952.jpg

キュウリとゴマの冷菜、
もはやこの辺りは日本でも定着化している味付けです。

f0066030_07534392.jpg

みんなで円卓を囲んでたべるのが中国スタイル。
*****

f0066030_10355713.jpg

これもまた別の日。この出張は結構長かったのでいろんなものを食べました。
だんだん写真も撮らなくなってきてあまり残ってないわ。

写真は焼きそばみたいな麺でした。
これもなんとなく牡蠣みたいな香りがありました。

f0066030_10360252.jpg

小エビのフリット。
ふわっ、カリッ。
どれだけでも食べられるシンプルな味と軽い油。

f0066030_10360721.jpg

円卓を囲んで回しながらたべるのはどこも同じですね。
ルールはあるとは思うのだけど明確には把握してない。

感覚としては、
○目上の人から新しい料理が始めやすいように調整する。
○ただ日本と違って、全員が取り終わるまで待ったりはしなくていい。取り分けた人から勝手に食べていい。
○乾杯は遠い人とは目と目を合わせて、グラスを回転テーブルの端にコツンとするだけでいい。
○グラスは少しおちょこが大きいくらいのサイズなので、食事中は何度も乾杯する。なので、お客さんに常に気をつけて、乾杯に誘われたのに無視しないようにする。
○お客さんに招待された場合、食事は残さず全部食べきる必要はない。食べきると「まだ足りない」の意味になってしまうので、かえって失礼。
○逆に自分がお客さんを招待するときは、食べきられないくらいにオーダーする必要がある。

日本人にとってはめんどくさいところもあるけど
総じて日本のルールよりは面倒じゃないと思います。

f0066030_10361312.jpg

ささっと食べたランチ。
豚細切り肉のラーメン。

f0066030_15193972.jpg

またまた別の日のディナー。
この日は中国の人とは別にご飯を食べに出ました。
ホテルの近くにあった家族経営の食堂に適当に入りました。

火鍋というものを頼んでみたらこれがきた。
全然辛くない火鍋もあるんだね。

f0066030_15195309.jpg

お店の人が中国語しか話せないので、スマホの翻訳機能を使ったり
カタコトの中国で話してみたり、漢字で書いてみたり
他の客が食べてるのを指差ししたり
客で英語ができる人をつかまえたりしてなんとかオーダーしました。
お店の人は本当に親切でした。

上のご飯はからし菜飯です。素朴で美味しかったな。

f0066030_15200417.jpg

とうもろこしの水餃子。
残念ながら手作りではないですね。

f0066030_15202054.jpg

最後に、お店の人がサービスだと言って
この辺りの郷土料理という肉の煮込みを持ってきてくれました。
外国人が来ること自体が珍しかったようで、本当に親切にしてもらいました。
他にもたくさんサービスだと言っていろいろ食べさせてもらいました。

最後におかみさんが携帯の翻訳機能で
「今日は来てくれてありがとう。福建省へようこそ、歓迎する」
という画面を見せてくれたときは感動してしまった。

なんて温かいのだ。

こんな感じで、福建省のグルメはここまで。
次はグルメ以外のことも書きたいなと思います。


今年も気づけば大晦日。
早いなぁ。来年はまた特別な年になるだろうか。
皆さんもよいお年をお過ごしくださいね。

[PR]
# by sharl69 | 2017-12-31 15:37 | 出張・旅行・帰省

小さい頃の記憶

今日は蘇州から上海に移動して来て
今は上海にいます。

このホテルは悪くはないのだけど
入口の方にどうしても消し方がわからないライトが1つあって
こちらにも少し灯りが漏れている。

この感じを見て、とても懐かしい気持ちになった。
子供の頃は布団の中で、よくこうしてドアの隙間から漏れるリビングの灯りがある中で眠ったものでした。

真っ暗だと不安になるのですが
隣の部屋から漏れる灯りがあると
あちら側に両親がいるんだ、何かあったらすぐ起きて行けば大丈夫だ、と思って眠っていたな、
この明かりだけで安心して眠れたものでしたね。

大人になって一人暮らしをはじめ、
部屋の電気をすべて消して眠る立場になると
かえって真っ暗じゃないと眠れなくなっちゃったのですが
この小さい頃の安心感は身体が覚えているものなんですね。

先日子どもの頃のことを思い出していたのですが、
昔は本当に色々な記憶があったように思う。

おかしなことを言うけど、
小さい頃は自分の中に誰か別の人がいたと思う。
自分じゃない誰かの記憶や、その人が怖がっている存在が自分の個性の他にもあって
夜になると怖いと感じるものがたくさん出て来ていつも不安だった。

だんだんと自分の個性だけが残って行って
他の人の記憶は無くなって行って今の自分がある。
不思議なことだけどね。

今日のフライトで日本に帰国します。
短い出張でしたが、正直くだらない内容でした。早く帰りたいよ。


[PR]
# by sharl69 | 2017-12-28 00:26 | その他

クリスマス

今は朝の6時。空港へ向かうバスの中です。
2017年の跳び納め、最後の出張は中国の蘇州へ。

上海まで飛行機で行って、そこから新幹線です。
今年もいろんな国に行かせてもらったな。

2017年もあっという間でしたね。
はやいはやい。

f0066030_06434249.jpg
先週は福建省に行っていて、その話もぜひ書きたいです。

出張の合間でしたが、とりあえずクリスマスは家族と過ごすことができました。

f0066030_06455245.jpg
23日の土曜日は友だちをうちに呼んでクリスマスパーティをしました。
いろんなところからの友だちをばらばらと集めて、とても楽しかったです。

f0066030_06455713.jpg
メインはラクレット!
スイスやフランスで食べられている料理です。
美味しいチーズと蒸したじゃがいもが必須。


f0066030_06460128.jpg

ギヨムはこのクリスマスパーティを何ヶ月も前から楽しみにしていて
わざわざこのラクレットの機械を取り寄せて買ったのです。

いろんなタイプの機械があると思いますが
だいたいチーズを乗せる小さなプレートも具材を焼く板があります。

小さなプレートにスライスされたチーズをのせて溶かし…

f0066030_06460427.jpg
蒸したポテトや肉の加工品の上にかけて食べるシンプルな料理です。

本当は肉の加工品も生ハムみたいなのとかを用意するのだけど
今回は簡単にソーセージとベーコンで。

f0066030_06581985.jpg
これは昔フランスの友達の家でご馳走になったラクレット。
こんな感じです。
f0066030_06582688.jpg
チーズもこれ用のチーズです。
とても美味しいチーズです。

今回はフランスから来日するギヨムの友達がいたので
その子に頼んでフランスから直輸入したようです。
64枚で2千円。安。
日本だと4枚で千円するという話…
f0066030_07004162.jpg
これは友だちの機械。
フランスではどこの家庭にもあると思います。


ケーキ。作りました。
f0066030_06460960.jpg
ブッシュドノエル。
フランスのクリスマスのケーキ。

f0066030_07043303.jpg
あとプチシュー2種類。
クレームパティシエールとチョコのクレームパティシエール。

f0066030_07043710.jpg

出張先の海外でもパンとかお菓子を作りまくっているので家ではあまり作らないんですが
今回はラクレットの準備が楽過ぎたので
その分を手作り菓子に回しました。

ギヨムがどこかでサンタさんを買ってきて飾りました。
パーティのあと、サンタさんを食べようとして
歯が欠けそうになってました。
硬かったみたい。
サンタさんには悲しい歯型が付いてました…


f0066030_07092167.jpg
クリスマスのプレゼントはT-falの圧力鍋をもらいました!やった!
今のところギヨムが使ってますが…

さて、空港へ着きます。
また次回。

[PR]
# by sharl69 | 2017-12-26 06:36 | おうちごはん

福建省

f0066030_12383397.jpg
福建省にきています。
福建省は中国の今まで行った中では一番好きな場所。

今から空港行って帰国します。


[PR]
# by sharl69 | 2017-12-22 12:38 | 出張・旅行・帰省

秋の終わりと秩父祭り

f0066030_19163935.jpg
キレイな夕暮れ。
今週は本当に気持ちのいい天気でしたね!
金曜の今日だけ雨が降りました。

今日は他部署はみんな忘年会でオフィスがガランとしていて
わたしも7時くらいに仕事を切り上げてきました。

ギヨムに今日のごはんなに〜?と聞いたら
「海サラダ」と返事が。
前も「海パスタ」があったからなんとなくわかるぞ。
f0066030_22234829.jpg
これが海サラダでした。
美味しかったよ。

f0066030_19174396.jpg
紅葉もまだ残ってますね。グラデーションがきれいです。
f0066030_19174984.jpg
これは秩父。
先週末はレンタカーを借りて秩父祭りに行ってきました。

f0066030_22255024.jpg
秩父夜祭り。今年は30万人が訪れたそうです。
見どころは豪華な山車と、季節外れの打ち上げ花火。

f0066030_22255653.jpg
この日も晴天でした!

f0066030_22255809.jpg

f0066030_22283730.jpg
日が暮れかけてからがなんともきれいです。

f0066030_22284062.jpg

f0066030_22284299.jpg

f0066030_22292063.jpg
あかりの灯った山車と夜の屋台、そして打ち上げ花火。
本当にきれいですが、やっぱり寒い!
気温は0度近く、14時から20時ごろまでずっと外にいましたので身体の芯から冷えてしまいました。
おかげで今週はずっと風邪気味でした。

f0066030_22315209.jpg
わらじかつ丼。大きくて薄いソースカツ丼。
あとうどんはおっ切り込み。美味しかったよ。

今日はこの辺りで。
明日と明後日はまたレンタカーを借りて
河口湖の方まで一泊二日で出かけてきます。
ギヨムは富士山のきれいな写真を撮りたくて楽しみにしていました。
またね!

[PR]
# by sharl69 | 2017-12-08 19:16 | 出張・旅行・帰省

成都&上海グルメ

f0066030_06315608.jpg

シンガポール旅行記をあと1回くらい書きたいのだけど、まずは成都&上海の出張から戻りましたので
グルメ編だけアップします。

f0066030_06315939.jpg

成都は四川省、四川といえば四川料理です!
四川料理は麻婆豆腐や火鍋といった辛いものが有名ですね。
初日の夜は火鍋屋さんに行きました!

辛すぎると全く食べられないなと心配してたら
辛くないスープと半分ずつにできました。

f0066030_06320125.jpg

これは箸休め的な。
これもこのあたりの名物らしいですが
もち米カツという感じ。中はシンプルなもち米で、味は強くないのですが
横の黒いソースをつけて食べます。
これはなんと黒蜜でした。激甘。

f0066030_06320450.jpg

鶏の食道?よく分からなかった。
火鍋はしゃぶしゃぶみたいな感じで、スープを使って火を通しながら食べるのですが
食材のメインは畜肉のホルモン系だそうです。

多少臭みのある素材でも、スープの匂いが強いので打ち消されて気にならない。
スープの匂いはね、とても説明が難しいのだけど、トウガラシと山椒、にんにくとかが溶け合った匂いかな。

わたしはこれまで、トウガラシに匂いがあると思ってなかったけど
火鍋屋にいって初めてこの匂いを感じました。
日本の焼肉屋みたいに着てる服に染み込む匂いですね。

***
f0066030_06320961.jpg

これは別の日。
人民食道というところで。

成都で食べた料理の中で一番美味しかったな。
豆のポタージュで、火鍋とは反対に本当に優しい味のスープでした。
山の形になっているのは、お米を鍋に貼り付けて作ったおこげで、スープの上に被さってます。

f0066030_06334188.jpg

これをお玉で崩して食べます。
本当に美味しかった。

f0066030_06334401.jpg

豚肉の炒め物。
辛いのだけど美味しい。
こういう辛い炒め物がいろいろあるのだけど
ぜんぶ味付けが微妙に違ってて美味しいです。

f0066030_06335297.jpg

魚と春雨、あと酸っぱい漬物の煮物?
スープと思ったら、スープは酸味と塩味が強くて飲めない。
具だけを食べます。

f0066030_06335579.jpg

重慶料理のお店でピリ辛のラーメン。
10元くらいだったかな。

成都は面白い話を聞いたのだけど
四川の気候って独特で
山に囲まれてて霧が出やすく、ぱっと晴れることが少ない。
なんと一年のうち200日以上曇りだそうです。
朝が明るくなるのは7時過ぎてから。
8時過ぎてようやく明るくなっても、曇ってるのでスッキリしない。日の入りは早い。

f0066030_09353114.jpg
(至る所で見かけた電飾風船。綺麗でした)

こんな気候の中で暮らす人たちは、憂鬱な気分になってしまいそうなんだけど
なんと逆で、四川省の人はおおらかでマイペース
人に無理に合わせたり我慢することなくゆったりと暮らし、
またお金に関しても、宵越しの金を持たないというか
貯蓄に回すくらいなら使っちゃおうという感じなのか、消費行動もかなり激しいようで
経済活動は活発なのだそうです。

中国の人にとって成都はとても暮らしやすいようで
いつか成都に住みたいな、とか、成都に来た人は住み着いちゃうらしい、という位置付けの街なのだそうです。

***

f0066030_09373578.jpg

3日間の製パン講習を終えて今度は上海へフライト。
金曜に1日だけ製パン講習会を行い、そのあと打ち上げでレストランへ。

f0066030_06335859.jpg
カニが組み体操してます。 
上海蟹と書いてありましたが本当に?一匹19元(約320円)
本当の上海蟹を知る人たちはこんなに安いのは変じゃない?と言ってましたがどうなんでしょうね。

f0066030_09384184.jpg

これまで月一で来ていた上海ですが、カニを食べたことは一度もありませんので比較のしようがないのですが
個人的には結構美味しかった。
小さな身なので食べられるところは少なかったですね。

f0066030_06360085.jpg

f0066030_06365959.jpg

山アワビと言ってた。なんなんでしょうか。
食感はコリコリしてて、山椒で味付けされていて美味しかったです。

f0066030_06375802.jpg

上海料理+地方の料理のミックス

***

最後にランチボックス。
今回の出張は全て講習会の日程だったので(2都市、4日間連続!)
ランチはいつも出前の弁当でした。

f0066030_09400401.jpg

よくこういう出前のお世話になりますが、
その中でも一番出現率が高いのが上のやつです。ダックのライス。

骨が多いけどとても美味しい。

f0066030_09400805.jpg

これも美味しかった。下はライス。味はたぶんみなさんの想像通りです。
台湾料理のお店からの出前でした。

中国の人は冷めた食事は食べられないと聞くけど本当にその通りで
食べようと思う時に頼むんですね。
なのでお弁当よりも出前文化の発展がすごい。

みんなインターネットで出前を頼んで、すぐにバイク便が届けてくれます。
これについてはまた機会があれば書きますね。

f0066030_09455755.jpg

これは機内食。
今回の移動は
日本-北京-成都(中国国際航空)
成都-上海(上海航空)
上海-日本(中国国際航空)
でしたが、ダントツで上海航空が良かったです。

上海航空はじめ、中国系の航空会社は国内線でも温かい機内食が出ます。
特に上海航空は、写真みたいなランチボックス+温かい主食が出ますのでありがたい。

中国国際航空は機内食もあまり美味しくないし、国際線でも個人用モニターがありませんでしたので
特に往路の合計8時間の移動時間はずっと仕事を片付けていました。

f0066030_09561963.jpg

中国のグルメ紹介おわり。
中国は料理が美味しいので出張の楽しみがあります。

[PR]
# by sharl69 | 2017-11-26 06:26 | 出張・旅行・帰省